40代後半から髪の毛のボリュームがでない!
ということに気が付いた私です。

元々髪の毛自体は多いんですが、うねり、パサつきがひどくなってきた挙句
ボリュームが出なくなりました。

薄毛って感じまでは行かずとも、ボリュームが出ないのでなんだかいつも頭頂部だけ
ベタっとしてる感じが抜けません。

美容師さんに聞いてみたりしてケアを開始しましたので、紹介しようと思います。

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

30代のうちから始めたいエイジングヘア

若いときには意識せずとも、つやつやした美しい髪の毛だったはずが
洗髪方法や紫外線を浴び続けたり、染髪などの影響は40代になると顕著に表れてきます。

特にウザイ!!と思うのがパサつきとうねり。
アホ毛・・・とも言いますけど、これをそのままにしとくとヘアスタイルの維持ができなくなるので
30代のうちからしっかりとケアしましょう!
併せて生活環境の改善も必要です。

なぜ年齢と共に髪の毛はボリュームダウンするのか

髪の毛は歳を取れば取るほど細くなっていくのですが
髪の成長期と休止期のサイクルがずれること。
つまりヘアサイクルがずれてしまうことで発生し、
休止期の間隔が長くなることで細く弱い髪の毛になるんですね。

ヘアサイクルのズレに影響しているのがエストロゲン。
エストロゲンが減少し始めると、このヘアサイクルが崩れていきます。

この状態でいくらセットをしようと頑張っていても、コシやハリのない状態なので根元がなかなか立ち上がらなくなります。
今生えている髪の毛を大切にするのはもちろんなんですが、根本的なヘアサイクルの部分の解決をする必要があります。

洗髪方法を変えるだけで綺麗な髪を実現できる

髪の毛のボリュームが出ない、頭頂部だけベタっとする
という悩みから私は洗髪の仕方がいけないのかな?と思い
まずはシャンプーとトリートメントを保湿系のシャンプーから
アミノ酸系のシャンプーに替えました。

また、髪の毛がベタっとしているとシャンプーの泡がなかなか髪の毛や頭皮に浸透しないので、シャンプーを手のひらにつけたあとで、泡立ててから髪の毛と頭皮につけるように。
これは正解だったようで、髪の毛全体にきちんとシャンプーが伸びます。

頭皮の血行促進をすることで健康な髪の毛が生えてくるので、指の腹側でシャンプーのときにはマッサージするようにしました。

美容師さんに聞いたコツ!エイジングヘアをするためにドライヤーを上手く活用

シャンプーの方法を変えるだけではだめだ・・・と思ったので
美容師さんに聞いてみました。

まずは洗髪後は必ず頭頂部は乾かしてあげること。
タオルドライだけだとだめなんだそうです。
中途半端に脂分が蒸発するため、頭皮が「分泌しなくちゃ」と脂分を分泌し
頭頂部がベタっとなるのだそうです。

また、ドライヤーをかけるときは髪の毛を立ち上げながら根元にドライヤーを当ててあげることでふんわりとします。
髪の毛がうねってしまう方は根元に温風を当てて、冷風で癖付をする、という交互につかいましょう。

髪の毛の美しさは生活習慣も関係

セット方法や洗髪だけでは40代に入ると根本的な髪の毛の解決はできません。
髪の毛が薄くなるのは栄養不足や血行不良も関係しているので
大豆イソフラボンや亜鉛、ビタミンAなどを補給してあげてくださいね。