更年期,スキンケア
長年愛用してきた化粧品が急にしみるようになってきた・・・
そんな変化を感じやすいのが更年期の特徴です。

30代からのゆるやかな衰えと比べ、更年期の変化は別人の体と別人の肌になるようなものだということ、知っていましたか?

肌が突然過敏になり、これまでの化粧品が使えなくなることもあるのです。

更年期はスキンケアの見直しが必要

今までと肌が違うな。そう感じたら今まで通りのスキンケアを無理に続けるのはNG。

見直す必要がありますからまずはスキンケアを一時的に1日だけ休んでみましょう。
一日何もスキンケアせずにいることで、現在の自分の素肌のコンディションをチェックすることができますよ。

閉経前後で肌にはこんな変化があります

閉経前

  • 水分・油分の分泌が急激に変化する
  • 肌のバリア機能が衰え、敏感になる
  • ターンオーバーが遅くなり、角層は厚く、表皮は薄くなる

閉経後

  • 水分・油分ともに少ない状態に落ち着く
  • 敏感状態が解消され、乾燥気味に落ち着く
  • ターンオーバーがさらに遅くなり、角層がたまり、表皮・真皮が薄くなる

以下の習慣が1つでもあったら、スキンケアを見直す必要があります。

  1. 5年以上、同じ基礎化粧品を使っている
  2. 顔全体で同じケアを行っている
  3. 乾燥が気になるためクリームを塗りたくってしまう
  4. 美容液・クリームを合わせて5種類以上使っている

週末スキンケア断食を行ってみましょう

1日半もすれば自分の肌状態がわかります。
余分な油分を与えていないか確認してみましょう。

<1日目>
肌断食の前に自分の肌の状態をチェックしてみましょう。
油っぽいところはどこ?
乾燥しているところはどこ?

夜はミルクかクリームクレンジングをしてください。

クレンジング後、肌に何もつけずに10分置き肌状態をチェックしてみましょう。
油っぽいところや乾燥しているところはありますか?

<2日目>
朝、ぬるま湯のみで洗顔。
外出をする場合にはヒアルロン酸やセラミド入りの美容液の上から日焼け止めとパウダーファンデーションを塗っておきましょう。

夜、自分の肌の状態を再びチェックしてみましょう。
前日の肌の状態と比べてどうですか?
特に目の周りや口の周り、頬などが乾燥していないかどうかチェックしてみましょう。

乾燥やテカリが気になる箇所を覚えて自分に合ったケアを開始しましょう。

閉経前は肌の負担を小さくしながら守るのスキンケアを

更年期の敏感肌・閉経後に薄くなる肌の備えて守るスキンケアを
まだ油分は分泌しているため、塗りすぎは禁物。

閉経前の肌が大きく揺らぐ時期には【守り】のスキンケアに徹しましょう。

守りの柱は、なるべく肌に負担をかけず、また塗りすぎに注意すること。
前述したスキンケアの断食をすることで肌が回復するようであれば、スキンケア断食機関を伸ばしてみたり、頻繁に行ってみるのも効果的。

しかし、閉経前後は肌の衰えをケアしたい と思う時期でもあります。
そこで今まで特にお手入れしてなかった人が、あわてて突然高価なアンチエイジング効果のある化粧品を使い始め、敏感に傾いた肌に負担をかけてしまうこともあるため注意が必要。
無理に攻めのスキンケアはこの時期NGです。

閉経前は油分少なめのケア

閉経前はなるべく肌に負担をかけずに肌の活性化もしたい・・・。
そんなときに取り入れたいのは
ビタミンC誘導体(APPS)配合の化粧品。

ビタミンC誘導体には水溶性・油溶性 などいくつか種類がありますが、おすすめはこれらの良いところを併せ持つAPPSです。
APPSは浸透性が高くコラーゲンの合成を促します。

APPSとは、ビタミンC誘導体の1つ。そのままでは肌に浸透しにくく安定性も低いビタミンCを水溶性の誘導体にしたものが従来から薬用美白化粧品などに配合されてきました。
その従来型誘導体を皮脂にもなじむように改良したものがAPPS(アプレシア)です。APPS配合化粧品ビタミンC誘導体の最高峰APPSを高配合!さらに相性の良いフラーレンを規定値以上配合した美容液!今も10年先のきれいも手に入れましょう!

閉経後は攻めのスキンケアで積極的に肌にアプローチを

角層が厚くなる一方、真皮の繊維は衰えるのでレチノールで活性化
さらに顔の深部の筋肉を鍛えて見た目年齢を若くしましょう

肌揺らぎの大きい更年期を過ぎたら、攻めのスキンケアをスタート。
過敏な状態から抜け出し、ある意味肌は落ち着いた状態になるため、肌の活性化をより積極的に取り組むことができます。

肌細胞は年齢とともに新陳代謝(ターンオーバー)が遅くなり、肌表面の角層サイズが大きくなることが分かっています。
角層が厚くなる一方で、表皮や真皮は薄くなります。

そこで、細胞を活性化し真皮の厚みを回復させるレチノールが効果的。
皮膚科クリニックで処方されるより強力なレチノイン酸もシミやシワの治療に10年以上使われているのです。

また見た目年齢は、表情筋の衰えが一因で起こるたるみと大きな関係があります。
つまり表情筋が衰えれば見た目も老けた印象につながってしまうのです。
顔の筋肉を鍛えるトレーニングやお手入れは若々しい印象のカギになります。

スキンケア断食後のケア方法

乾いた箇所には
部分用、顔全体のクリームを使い分け
(目の周りの乾燥にはアイケア用、顔全体の乾燥にはフェイス用のクリームを使ってあげましょう)

たるみケアには
レチノールとマッサージ用クリームを。

レチノールとはいわゆるビタミンA。皮膚科でシミやシワの治療に使われてきたレチノイン酸より作用がマイルド。
細胞のエネルギー賛成を高め、ターンオーバーやコラーゲンの産生も促すなどの働きで華麗で薄くなった真皮や表皮を厚くする働きがあることがわかっています。