92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s
40代にもなってくると、肌の潤いが減ってきていること 自覚している女性は多いはず。

このままカサカサになっちゃうのかなーなんて落ち込んでしまいますよね。
そして、つい高額なスキンケア製品をそろえてみたりして・・・。
高額なスキンケア製品を利用しても体内にトラブルがあったら肌の悩みは尽きないままですよ。
体内トラブルも肌トラブルの原因なんです。

手足や体にかゆみが出てきた‥かゆい・かゆみの症状は更年期障害?

肌の乾燥やかゆみの原因は更年期という年齢だけが原因ではなく
過度なダイエットや血行不良による冷えなどから起きていることもあるのです。

更年期世代に大切なことは、自分の体を見直し、体内トラブルを解消すること。
体の内側から全身を健康的に改善してゆくことが大切です。

また、更年期障害の症状として起こる肌トラブルも当然あります。
肌の痒みと更年期障害の症状との関係性についてご紹介します。

更年期の肌のかゆみの原因

更年期障害の症状の1つでもある【ドライ症状】は目や口が乾燥するものだけではなく
当然、肌の乾燥も含まれます。

肌が乾燥すると痒くなる、その原因は更年期世代であれば、ズバリ原因は
女性ホルモン エストロゲンの減少】です。

女性ホルモンの働きには様々なものがありますが、
肌のターンオーバーや潤い、ハリを与えるのもその1つ。
女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の美肌成分の合成の促進作用があります。
エストロゲンの分泌量が減少すれば、当然ですがこの美肌作用も低下します。

角質層にある脂成分【セラミド】も同時に減少するため
皮脂や水分が減少し、肌はますますかさつくようになってしまい、ちょっとした刺激でも痒みを感じるようになってしまうわけです。

どのような時にかゆみが出てしまうのか?

虫さされや、皮膚トラブルがあって痒みが生じるためではないので
厄介ですよね。

私の肌の乾燥からの痒み:経験談

若い頃はそんなことなかったなー。。。って思うのが
汗をかいた後で痒みを感じる時。
私、これは40代になってからでしょうか、汗で痒みを感じるようになったのは。

特に入浴後、さぁ寝ようとお布団に入ると
背中や足が痒くなることが多く、特に足はかさぶたができるほど掻き毟ってしまったり。
朝起きると、あれ?なんで胸元に傷跡が?ということもありました。

下着で肌がこすれたり、入浴後痒くなったり、眠るときに身体が温まっている時
などがあります。
空気が乾燥する冬場は更年期の人じゃなくても肌は乾燥しがちですが
更年期によるドライ症状の場合には、この乾燥に痒みがプラスされるのです。

肌の乾燥によるかゆみを抑えるためのポイント

3fab08b86eab4a40061c0e4eff28ff7f_s
肌の痒みや乾燥を予防するためには入浴時にポイントがあります。

まずは基本ですが、強い石鹸でゴシゴシと洗いすぎない事。
更年期の時期は洗髪もそうですが、入浴も2日に1度くらいがちょうどよいのです。
皮脂の汚れはお湯に浸かるだけでも落ちます。
ゴシゴシと洗うことで必要な皮脂まで洗い落としてしまえば、乾燥して肌が痒くなります。

また、お湯の温度もできれば高くても42℃くらいで。
*食器を洗い終わったら、60℃くらいのお湯をかけると、すぐに水分が飛ぶのと同じコトです。

ぬるま湯で洗い流し、タオルで叩く程度に水分を落としたら、すぐに保湿成分のあるスキンケアをしましょう。

下着など、肌に直接触れるものの素材は綿などの天然素材で作られているものを選ぶように。
できるだけ化繊は避けるようにしてください。化繊は肌の皮脂を奪いやすいので、肌が乾燥して痒みを起こしてしまいます。

はちみつ風呂のススメ

冬になると、お風呂に入った後、肌のかさかさがとっても気になりますよね。
寝ている間に知らないうちに肌をかきむしってしまい
起きたら「あれ?なんでこんなところに傷跡?かさぶた?」なんていうことも少なくありません。
こうなると肌ダメージは最悪。

そんな時におすすめなのが【はちみつ風呂】です。
はちみつには殺菌効果もあり、肌荒れをやさしく鎮め肌の潤いを高めてくれますよ。
湯船に大匙1杯のはちみつでOKです。

肌のかゆみを抑える食べ物を食べましょう

体の内側からもケアしたい肌の乾燥などの肌トラブル。

緑豆には体の熱を取り、炎症や痒みを抑える作用があります。
緑豆から発芽したもやしや緑豆が原料となっている春雨にも似た作用があるので
もやしと春雨のサラダなどがいいですね。

白きくらげには肌を潤して老化を防ぎ、乾燥によるかゆみを緩和
する作用が。
また、オクラや山芋などのねばねば食品は肌にうるおいを与えます。

内臓を元気にし、丈夫な肌を作る食べ物

内臓や肌を保護し、身体にうるおいを与える作用があるのが
バナナ。
くるみや黒ゴマやごま油には内臓の働きを補い、肌のバリア機能を高める作用があります。

まずは内臓から元気アップして 肌の老化による乾燥・かゆみを抑えましょう。