更年期障害と口・喉の渇き:更年期障害と更年期の症状・治療・更年期チェック

更年期障害と口・喉の渇き:更年期とは何歳から?更年期にさしかかったときに起る症状はどんなもの?更年期の生理とは?など、不定愁訴といわれる諸症状についてと治療方法・Q&Aなど。

スポンサードリンク

トップページ > ドライ(乾く)症状 >> 更年期障害と口・喉の渇き

更年期障害と口・喉の渇き

更年期には、心の揺れや惑いから口や喉の渇き、乾燥を感じることがあります。

更年期以降、エストロゲンの減少から、粘膜は徐々に減る傾向にあり、
これは、更年期障害の症状の一つでもあるのです。

しかし、エストロゲンの減少によるものだけではなく、精神的に強い緊張感を感じたり、不安感がつのり怒る口や喉の渇きと同様の症状ととらえても大丈夫。

更年期の症状から頻尿を気にして、水分を摂らないために起こる渇きの場合もあります。
また、更年期特有の症状であるホットフラッシュが原因として、体内の水分が不足し、口や喉が渇く、ということも考えられます。

さらに、家庭や職場のエアコンや季節的なことが原因で空気が乾燥していることが多いこともドライマウスの原因のひとつでもあります。

水分を摂取することが大切

更年期の口や喉の渇きを解消するには、口や喉の渇きを感じたら、頻尿のことなどを考えずに、我慢せず水分補給を心がけることが大切。

水分補給をする際には、冷たい飲み物よりも、温かいお茶やジンジャーティーなどをゆっくりと飲む方が気持ちも落ち着きます。

乾燥した室内の中では少しずつ頻繁に水分を摂るよう心がけましょう。
水分補給は1日1リットルから2リットルが理想とされています。

水分を取っているのにも関わらず口や喉の渇きが治まらない場合には、糖尿病など病気の可能性もあります。慢性腎炎や糖尿病といった大きな病気が原因で、口や喉が渇く、ということもあります。

尿検査や簡単な血液検査で調べられるので、病院で検査を受けておくのもいいでしょう。

病気が原因でもなく、また水分補給をしていても乾く場合には
マッサージして唾液の分泌を促す方法もあります。

エラの骨の下、くぼんでいる部分を親指などで、軽く指圧してみたり
発生練習をしてみると効果的なようですよ。


関連カテゴリー: ドライ(乾く)症状TB(0)

更年期障害と口・喉の渇きトラックバック

更年期障害と口・喉の渇きのトラックバックURL:
http://bihadaninaru.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/750

ドライ(乾く)症状関連エントリー

肌の変化 / 更年期に口が乾く、喉が渇くといった症状について / ドライアイ:目の乾燥 / 更年期障害と口・喉の渇き / 口や目が乾く病気 シェーングレン症候群 /