更年期には偏頭痛に悩まされる人も増えてきます。
元々偏頭痛持ちだった人も「毎日、偏頭痛が起きる・・・」と悩む人も少なくありません。
それゆえ、頭痛薬は手放せない人も多いはずです。

ズキンズキンと血流というか、脈を打つのと同時に痛み、時には吐き気や嘔吐さえ伴う頭痛はとてもつらいですよね。
家事や仕事もできなくなり、時には日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。
そのため痛みを抑えるために頭痛があると頭痛薬を飲んでいるのではないでしょうか。

頭痛薬を常に飲み続けるのは危険です

私も頭痛もちなので、頭痛薬は欠かせません。
「あ・・・今日の頭痛は放置していたら悪化するな」と長年の勘でわかると、即頭痛薬を飲んでいました。

市販の頭痛薬は基本的に「痛みが起きたら飲んでください」と言われます。
だから、痛みがくると、飲んだほうがよさそうだな・・・と思えば、飲みますよね。
でも長年頭痛薬を飲み続けると危険なのです。

頭痛薬にはドラッグストアなどで購入できる市販の頭痛薬や、病院で処方される処方薬などたくさんの種類があります。
薬の効果や強さは様々ですが、基本的に「対症薬」なので一時的に痛みを抑えるもの。
つまり根本的に偏頭痛を治すというものではありません

市販薬も処方薬も飲み続けると、徐々に効き目がなくなり、偏頭痛がさらに慢性化してしまうこともあります。
私も某頭痛薬はこうして、効かなくなりました。
昔は、生理痛もひどかったため、頭痛のたび、生理のたび飲んでいたのですから、仕方がないのかもしれません。

頻繁に薬を服用する状態が3か月以上続くと薬物乱用頭痛に陥ってしまうリスクも高くなります。
*薬物乱用頭痛とは、普段はさほど気にならないわずかな痛みにも脳が敏感に反応し引き起こされる頭痛です。

薬を常用することで頭痛は悪循環に

改善するためには薬の服用をやめるのが一番ですが頭痛薬の服用をやめると頭痛が引き起こされてしまうため、薬が手放せなくなり悪循環に陥ってしまいます。
薬は一時手に痛みを抑えるものであって、偏頭痛を完治するものではありません。
片頭痛を治すには薬の服用をやめることなんです。

しかし、更年期に頻繁に起こる偏頭痛。
頭痛薬は手放せないし・・頭痛薬の服用をやめるとつらいし、だから薬は辞められない・・・ですよね。
そうでなくても更年期は自律神経のバランスが崩れ、偏頭痛も起こりやすいので、できるだけ偏頭痛を回避する生活を送るようにしたいものですね。