更年期にさしかかると関節痛(足、腰、手足の指のこわばり)を感じる方が増えます。
その中でも指の痛みには「ヘパーデン結節」というものがあります。

ヘパーデン結節とは、指先のつめに近い関節、第一関節が変形し、指を動かしづらくなったり
指の痛み、こわばり、関節の腫れ、変形などが起こります。
ヘパーデン結節は、更年期以後の女性に多く発症し、第一関節だけが変形しますので、リウマチとの比較できます。

ヘパーデン結節の症状

更年期,ヘパーデン
ヘパーデン結節の最初のころは、指の痛みが強く、指を動かすことさえも辛いほどです。
が、ほどなくすると痛みがなくなります。
ゆっくりと進行していくため、指の痛みがなくなるまでには数年かかります。
病気の進行とともに、第一関節が曲がらなくなったりしますが、日常生活にそれほど不便さはないようです。

ヘパーデン結節の治療

ヘパーデン結節の治療に、とくに良い、とされるものはありません。
しかし、初期症状として指の痛みが激しいため、消炎剤・鎮痛剤の服用や、軟膏の塗布・関節内へのステロイド薬、局所麻酔などで指の痛みを緩和させます。

寒い時期は指の痛みがひどくなり、指を保温し血行を良くすることも大事です。
ヘパーデン結節が進行し、関節の破壊が進むと関節がぐらぐらし、指先を動かす際に
指に痛みが走ります。

このような場合には、指の関節をテープなどで固定し、指の動きを制限することで
指の痛みを軽減させます。
ある程度治療を進めても、指の痛みが取れない、関節の変形が気になる、水ぶくれが大きくなっている、などの場合は手術療法も考えなければなりません。
ただの関節痛なのか、ヘパーデン結節なのかは素人診断することは危険ですので
医師に受診してください。