更年期には自律神経のバランスが乱れることに加え、感覚器官に加齢変化が起こり
めまいや耳鳴りの症状を訴える人も多くなってきます。

更年期のめまいの特徴としては

  • 体がふわふわとして地に足がついていないような浮動性のめまい
  • 吐き気をともない天井がぐるぐる回るかのような回転性のめまい

の2パターンあります。

耳鳴り更年期の耳鳴りは比較的症状は軽いものが多く、まわりが静かになると耳の中で「キーン」「サー」といった音を感じる人が多いようです。
めまいと一緒に起こることもあります。

このような更年期特有のめまい・耳鳴りは時がくれば自然に治まるため、とくに治療する必要はありません。
しかし、めまいがあまりにも頻繁に起こるといった場合にはメニエール病や動脈硬化・高血圧、耳鳴りの場合には突発性難聴といった病気がある場合があるので、症状が重い、どうしても気になるというときには専門の医師に受診しましょう。

更年期のめまい・耳鳴りの予防と対策

十分な睡眠とストレスをためないこと

気分をゆったり過労・心労・ストレスなどが引き金となりめまいや耳鳴りが起こることがあります。
睡眠を十分にとり、ストレスや心配事をため込まないようにしましょう。
お休みの日には散歩などに出かけ森林浴などをするのもよいですね。
副交感神経に働きリラックスできると幸福感をもたらすセロトニンも分泌されやすい状態となります。

めまいが起きたら安静に

めまいが起こった時には安静にすることが大切です。
しばらくその場にしゃがみこむ、座れるところがあればしばらくじっと座る
横になることができるのであれば横になりましょう。
無理に動こうとすると転んだりすることがあるため危険です。

血液サラサラにする食べ物を摂りましょう

血液サラサラめまいは血圧が高すぎても逆に低すぎても起こります。
血圧が安定するように食事の際には塩分を控え、腹八分目を心がけましょう。

血流を促し、自律神経のバランスを整え、めまい予防によい食べ物を選びましょう。
(かなり難しいですね・・)
また、EPAやDHAが豊富な青魚は、血流をサラサラにする作用があるため、こちらも意識して食べるようにしたいものです。

高血圧予防・対策にもなる漢方系更年期サプリ 白井田七

めまい・耳鳴りといった症状は更年期の場合には自律神経からの症状である、とも言われています。
自律神経の症状は基本的に「血の巡り」が悪くなる、低下すること
起こりやすい、といわれています。

白井田七は、この「めぐり」を整えるといわれている田七人参を利用して作られています。
主要成分であるサポニンが辛い更年期障害に働きかけるため、
更年期障害の症状に悩まされている方におすすめ度No.1サプリメント といえるのです。

自律神経の乱れは、なかなか自力で治すことは難しく
メンタルクリニックに通院する、薬を飲むということで改善されるかもしれませんが
根本的な部分を治さなければ 薬に頼る生活になってしまいます。
また再発の恐れも結構強いのです。

血圧が高めの方の場合、血圧自体は薬で抑えることはできるのですが、
薬は使いたくない、予防したい、体の根本から改善したいという方には
白井田七の漢方系サプリメントがおすすめです。

一度高血圧と診断されると、薬が手放せない生活になってしまいます。
その前に予防したいという方にもいかがでしょうか。

公式サイトでも血圧の数値が改善した という報告もあります。

⇒白井田七公式サイトはこちらから

更年期

>>更年期障害の不快な症状を改善する!最も効果的なサプリメント一覧はコチラ

更年期のめまい・耳鳴り 記事一覧